FC2ブログ

心を鬼にして 

さぁ月曜日、また一週間の始まりだ。
息子と夫を送り出し、掃除していると息子の机の上に筆箱が。

・・・・忘れてる!

さて、ここで母はいきなりハムレットと化す。
届けるべきか、届けざるべきか。

忘れ物は自己責任、いちいち届けてたらいつまでたっても親をあてにしてしまうだろう。
でも、へタレ息子のことだから、先生に鉛筆貸してと言えるだろうか。
まだ1年生だし、そんなに厳しくしなくてもいいのではないか。
先生や隣の子に迷惑かけるのではなかろうか・・・。

などと考えたけど、結局持っていかなかった。
だって、昨夜寝る前に「筆箱、ランドセルに入れときなさい。」って言ったのに忘れてるんだもん、反省してもらわなきゃ仕方ないでしょ。

さて、帰宅した息子に筆箱のことを言うと、
「うん、忘れてた。」
と、あっけらかーんと全然気にしてない様子。
鉛筆はどうしたかと問うと、ランドセルの中に転がっているのがあったんでそれを使ったと。
消しゴムはちっこいのが落ちてたのを拾ったと。

鉛筆はともかく、消しゴムは他の人が無くして探してたかもしれないよ、と諌めておいたが、それにしても、1学期の授業参観の朝顔の種植えの時、自分のとこだけ朝顔の種がなくて、でも先生に言えずに泣いていたのが、なんともまぁ、たくましくなったもんだ。

私が子供の頃、忘れ物を届けてもらったことなどなく、同級生のお母さんが忘れ物を届けに来たり、雨の日に傘を持って迎えに来たりするのがすごく羨ましかった記憶がある。
だから、忘れ物届けてやってもいいかなーとも思ったんだけど、やっぱり届けなくて正解だったってことかな。

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://sunakakebaba.blog108.fc2.com/tb.php/780-ffc2c121