fc2ブログ

ヒーロー今昔物語 

30日(土)は市民祭があり、チビを連れてちょっこら行ってきました。
出店も多数出て、マジックショー、デ●レンジャーショーなどがありました。
デ●レンジャーショーは黒山の人だかり、というほどでもないのですが、それなりに人が集まってたため、後方にいたチビはなかなか見られず、仕方ないから肩車してやりました。
44歳高齢母、老骨に鞭打ちましたわ、ハァハァ、ゼィゼィ

デ●レンジャーといえば、1ヶ月ほど前、スーパーでチビにパジャマを選ばせると
「りゅうちゃんは男だからデ●レンジャーがいい」とのたまふ。

ハァ? デ●レンジャーなんて、あんた、見たことないじゃん。

しかし、デ●レンジャーに異様にこだわるので、そのパジャマを買いましたが、きっと幼稚園の他のお子さまの影響なんでしょうね。
とはいえ、それからも特にデ●レンジャーを見たいとわけでもなく。
てか、テレビでデ●レンジャーが放送されてること自体、知らないのでは?

31日(日)朝7時半、ふと思い出してデ●レンジャーにチャンネルを合わせてチビと一緒に見てみました。
(普段は朝食の時間、たまに「遠くへ行きたい」を見る。)
この日のストーリー、↓こんな感じ。

特キョウ昇進試験に挑戦中のデカブルーは、クラブの歌姫・マイク星人テレサと相思相愛中。
が、テレサの弟は、そんな2人が気に入らない。
そんな中、連続殺人事件が発生し、試験の最終課題として、この事件を解決することになったデカブルー。
実は犯人はテレサの弟で、テレサの病気の治療のために、殺害して人体から特定の栄養素を抜きとっていたのだ。
しかもテレサの病気は、弟を育てるために無理な仕事をしてかかってしまったのである。
複雑な思いを抱えつつ、テレサの弟を倒し、任務を遂行したデカブルー。
怪物に変身したまま息絶えた弟を抱きしめ、絶叫するテレサ。
そして数日後、弟の墓参りにきたデカブルーは、尼僧姿のテレサと偶然出会う。
それぞれの思いを胸に秘め、見つめあい、そして無言ですれ違う二人なのであった・・・。


どうですか、まるで土曜ワイドサスペンス劇場のような、この展開。
バーでお酒を飲む場面など、そのままベッドシーンに切り替わるのではないかと、ハラハラしたくらい。(なるか!)
特に最後の場面は、まだ愛し合っている二人の辛く、悲しい気持ちが伝わり、冬ソナに負けるとも劣らない名場面と言えるでしょう。
(冬ソナにそんな場面があるのかどうか知りませんが。)
いやぁ、今の子供番組って昔とずいぶん違うんですねぇ。
視聴者層のターゲット、いくつなの?って感じです。
てか、尼僧姿の意味が、3歳児にわかるとは思えず。

それにしても、がんばれロボコンパーマンの、あの幼稚さが懐かしい。
パーマン2号も忘れるな。うっきー

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://sunakakebaba.blog108.fc2.com/tb.php/264-5fc20104