FC2ブログ

親子別れの日 

昨日、私の料理教室の時間中、チビを託児室に預けることにしました。
生れてこの方、家族以外の人と過ごすのは初めてなチビ。
人見知りで泣き虫ヘタレなチビが3時間、見知らぬ人と見知らぬ子供達の中で、ちゃんと過ごせるかすごく心配でした。
料理教室の隣にある託児室から、チビの泣き声が聞こえて、おちおち料理どころじゃないんではなかろうかと。

さて、朝9時半、ピクニックに行くと騙されたチビは、おべんとうの入ったしまじろうのバッグを持って、上機嫌でついてきます。
センターの託児室におそるおそる入ってみると・・・

きれい、広い、おもちゃいっぱい!!
 おまけにア〇パンマンのビデオが流れてるし。

すでに私の事など眼中にないチビでした。(^^;

結局、保育士さんによると、お弁当もきれいに食べ、おしっこもちゃんと出来、泣くこともなく、3時間ちょっと楽しく過ごせたようです。
今まで、育児サークルでは私のそばから離れず、保育士さんが近寄ってくるのも嫌がっていたチビですが、かえって母親がいない方がうまくいくのかもしれません。
まさに、案じるより横山やすし。
「手に余るようでしたら、主人に電話して引取にこさせてください」とまで保育士さんにお願いしていたのに、ちょっと拍子抜けです。
それでも、迎えに行った時、私を見つけ、ダーッと走って抱きついて来た時には、さすがに目頭が熱くなりました。(嘘)

来年は幼稚園、託児とはまた違うでしょうが、今回のことで入園の不安がちょっとだけ減りました。
親が思う以上に、子供ってたくましいんですね。
そして・・・
これから託児をどんどん利用してやるぜぃ!と心の中で思いました。(爆)

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://sunakakebaba.blog108.fc2.com/tb.php/18-20434026