FC2ブログ

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

幼稚園物語 恋の行方 

今日は親子参観でした。
うちのクラスは20名、両親で来られてる方は4名。
お母さんは、意外と平均年齢高そうです。
ま、トップは私でしょうがね、エッヘン!←いばれん
今日は親と一緒と言う事で、なかなか親から離れられない子もいましたが、ほとんどのお子さんは元気で幼稚園を楽しんでるようです。

まず、朝のお集まりや挨拶、歌の披露など。
かわいいもんですねぇ。
イマイチ覇気のないチビですが、あんなに「幼稚園イヤイヤ」言ってても一緒にやってるのを見て、不覚にもウルッときてしまいました。
立って、手を後に組んで歌う姿。
山猿のような3歳児を(あくまでもうちのチビが基準です)ここまで調教・・・いや、手なづけ・・・いやあの・・・しどう、そう、指導なさる先生って本当にすごいなァと、あらためて尊敬の念を深くしました。

その後は子供と親の自己紹介。
子供は名前と好きな食べ物を言います。
チビも小さい声でしたが言えました。
「〇〇りゅうせいです。ケーキ食べます。」(ちょっと変)

それから、親子一緒の軽い運動があって参観は1時間ほどで終わり、その後子供は先生に預けて、親は保護者会総会が30分ほどありました。
保護者総会は、あらかじめ配布されていた資料をもとに、前年の収支決算の報告、今年度の予算報告、役員の挨拶など。

さてさて、噂のしずくちゃん、見てきましたよ~~。
と、その前に、同じ産院で同じ頃に出産し、定期検診などでもたびたび一緒になっていた方が幼稚園でも同じクラスで、今日も話をしてたんですが・・・

その方のお子さんも男の子で、何やらしずくちゃんをいたく気に入ってるとのこと。
チビ、思わぬライバル出現です。

そのしずくちゃん、可愛いです、ええ、とっても。
とびっきり顔立ちが整っているというわけでもないのですが、いつもニコニコの笑顔が愛らしい。
優しく、キュートで、でも決して目立ちたがりではなく、守りたくなるような、それでいて芯は強そうな(そこまでわかるんかい!)、まさに男子に好かれるタイプとでもいいましょうか。
こういう女の子は時として同性に嫌われたりしますが、しずくちゃんはそういうタイプではなく、とても好感が持てました。
↑何チェックしてんだ、私。^^;

話はもどりますが、その男の子、かなり積極派らしく、先生のお話の最中にも対面の彼女に「しずくちゃ~ん」と何度も声をかけてました。
その声にニコニコと手を振るしずくちゃんの姿を、チビはどんな気持ちで見ていたのかと思うと・・・母の胸は張り裂けそうよ。
あぁ、3歳にして恋愛の挫折を知るのか、チビ。

そんなこんなで参観を終え、迎えにきたダンナの車に乗ったチビは、幼稚園とはうってかわった元気のよさ。
家で歌うように、幼稚園でも大きい声で歌えよな~。
そして、ぽつんともらした一言、
「しずくちゃん・・・」
母は聞き逃さなかったぞ。
恋も幼稚園もがんばれーーー!!

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://sunakakebaba.blog108.fc2.com/tb.php/150-28df5c3f

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。